夏季期間中のお知らせ

8月11日〜16日と土・日・祝日は受注確認・お問い合わせなどのネット対応はお休みさせていただきます。
店舗はもちろん、休まず営業します。

八戸沖産 真鱈

生真鱈

タラといえば真鱈(マダラ)!

 鱈のほとんどの種類は寒帯・亜寒帯の冷たい海に分布する魚で、海底近くに生息している深海魚です。食性は肉食性で非常に貪欲なことから、腹いっぱい食べるという意味の副詞「たらふく(鱈腹)」の語源となったといわれています。タラといえば有名なタラ類はマダラ、スケトウダラ、チゴダラの3種ありますが、当店は八戸沖で水揚げされる真鱈を販売しています。

厳冬限定の旬の鱈料理

鱈についてのよくあるご質問

  • 鱈は刺身で食べられるのか?
    • お店等でたまにお見かけいたしますが、生食はしないで下さい。 鱈は鮮度落ちが大変早いので、知識と経験がある方であれば自己責任で食べられているかと思いますが、当ショップではオススメしません。
  • 白子の処理と保存方法は?
    • ●保存方法:冷蔵保存する場合、到着後冷蔵庫に入れ1日〜2日を目安にお食べ下さい。冷凍保存する場合は、一度下茹でをして下さい。 その際は臭みを取る為生姜等を入れたお湯がベストです。一口大に切った白子を沸騰したお湯に一度に入れ一茹で来たらザル上げして、冷水で冷した後冷凍して下さい。
    • ●下処理:
      1、鮮度が良い白子を用意して、ボウル等に入れ水洗い、汚れを落とす程度で
      2、水分を切ってまな板等に乗せ、包丁やキッチンばさみで一口大に切り分ける
      3、きれいなボウルを用意し、氷水を用意しておく
      4、鍋に水を入れ、お湯を沸かす
      5、70℃〜80℃(鍋底に気泡が出て来る)の沸騰前のお湯が出来たら
      6、白子を、1つ2つずつ入れ、20秒程湯通し、一気に全部入れると温度が下がるので止めて下さい。
      7、お湯から上げた白子を手早く氷水の入ったボウルに入れて下さい
      8、白子が良く冷えたら水気を良く切り、盛り付けて下さい。
      9、お好みの調味料で味付けして頂いて下さい。ポン酢、お醤油、塩とレモン等
  • 鱈の身の保存方法は?
    • 鮮度落ちの早いのが特徴の魚ですので気を付けましょう。直ぐ頂く場合は問題無いのですが少し置く場合は下処理をしてから保存しましょう。 お手元に届きましたら、塩を振りキッチンペーパーを敷いた皿などに並べラップ等で包んで冷蔵庫へ一晩置きましたら、一切れずつラップ等で包んで保存して下さい。匂いが気になる場合は更にジップ付保存バックに入れ保存すると匂い移りしません。冷凍する場合は、一晩置いた後、一切れずつラップに包み冷凍して下さい。1ヶ月位迄に頂きますと美味しく召し上がれます。解凍は自然解凍がオススメです。
    • ●保存方法
      冷蔵であれば、皿等に入れラップ等で包んで1週間前後でお召し上がり下さい。
      冷凍は、ラップ等で包んで冷凍して下さい。1ヶ月〜3ヵ月でお召し上がり下さい。
  • 同梱のアラはどうすればいいですか?
    • ぜひ、汁物でお召し上がりください。青森の郷土料理でじゃっぱ汁は、鱈のアラと野菜で作る郷土料理になります。もし試されるなら先にアラの部分に熱湯を掛けるとアクと臭みを抑えられます。

6 商品中 1-6 商品

  • « Prev
  • Next »

6 商品中 1-6 商品

商品検索

カテゴリーから探す

Feature!

ファックスでもご注文OK
メルマガ配信中!
坂下商店について
モバイルサイトもご利用ください